外国為替証拠金取引に関しての魅力は、一つの商品でありながら、お金を掛ける期間を短・中・長の3種類の期間からどの種類をセレクトするかということで資本の投下の手法が異なるところにあると言われます。http://webmania.to

第一には外貨投資する「長い時間をかけるスタンス」について見てみましょう。

長期というものは一年以上の長期の投資を前提にしているのです。

一般的に為替相場で、一年以上も経った後の為替のレートが円高でしょうか、あるいは円安になっているかを予測するなんてことは、たいてい難題かと思います。

当然「先のことは予想できない」となるのが当然だからです。

予想もできないものをなんとか予想しようにもそんなことは無駄なものです。

したがって、外国の貨幣を買って、その時のレートよりも円高に変わったとしてもその差損分は近いうちに戻ってくるという軽いイメージで臨むことが大切です。

為替の利益をがんばって狙うことではなく他の収益、つまりはスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を稼ぐのを一番最初のゴールということにして始めましょう。

当然ですが短期で為替変動の影響でマイナスが非常に大きく膨らむこともあります。

そのことからこのような損があってもさほど困らないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少しで抑えるのは肝心です。

外国為替証拠金取引(FX)は為替差損が決まった範囲よりも拡大すると、追加保証金(追い証)を出さなければならなくなったり、もしくはストップロスがかかったりします。

ストップロスになったらすぐに取引を決済する必要があり長期取引が難しくなります。

こういった危険から逃れるには、レバレッジ2?3倍ほどで取引するのが良いと思います。

2番目に中期の投資での取引を説明します。

中期のスタンスの場合、一番長くて1?2ヶ月程度経った頃を見越してのやり取りをします。

為替取引の時、1ヶ月くらい後のことは、おおよそ予想できるかと思います。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)を始めとした国同士の議会の議題や為替の市場で取引している人たちがいかなる問題に注目しているのかを見ればいくらか、予想がつくと思います。

上記のようにファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をチェックしつつチャートを参考にすることによって、為替相場のレベルを理解し、トレードを決める方がいいでしょう。

基本的に、経済の基礎的条件とジャッジの両面で良い方向であり、もしくはどちらも買い傾向が一致した時はだいだいその通りに動くと考えて問題ありません。

その時はポジションを増やしておけばより大きいリターンを狙っていけるのはほぼ確実です。

最後に短期スタンスの要点。

ここでの短期スタンスは、いわゆるデイトレードのことを言っています。

為替でデイトレードをするにあたり経済情勢は決して影響しないと思います。

明日の相場の動向に、経済の基礎的条件は絡んでいないからです。

ここでの、最大のミソは大きな出来事があり、それにより相場が大きく動くチャンスを見過ごさないようやり取りすることです。

例として、米国において雇用の統計が公開されるはたまた金融政策決定会合などにより制作金利が変わるくらいの出来事。

このような絶好の機会に変化を見過ごしてはいけないといったわけで、短期のトレードでは高度なデータが必要になる。

  • Copyright © 2012 www.parroquiadelapurisima.com All Rights Reserved.