やっと開始する時という場面では、第一に下調べをサボってはいけません。トレードを始める前ならば、出来事を冷静に調べる事のできる余裕がある。だがしかし、一回トレードの内側に立ち入ってしまうと、物の見方が客観性を欠くものになる場合があり、重要な時にしっかりとした状況がわからなくなる可能性があります。だからこそ自らの考え方が冷静な間にちゃんとした準備を進めておくことが大切なのだ。”準備”のためには、はじめは自らのストーリー展開を描くことから行います。今からの投資環境はこうなるだろうから、NZドルを取引するというような、あなたなりの台本を書いていきます。次に為替チャートをチェックしましょう。それ以前の為替レートの上下をチェックして今の位置を確かめます。そうすると、「今のところ低い状態になっているな」他には「大勢の人がエントリーしているからこれから先自分が取引しても今となっては遅いな」などと判断できます。今となっては売り(または買い)するが遅いと感じたら、何もしないで、その場面ではすっぱりと割り切ることが大事です。どう試みても脚本を譲らずに、吹っ切らずに新規エントリーするとマーケットにやられてしまいかえって損害を受けることになる可能性があります。とは言うもののたいがいの場合では事前に準備している台本を描いていれば売り(または買い)が間に合わないなという具合にはならないでしょう。たぶん、実際に市場が動意づく前の状態のはずです。次は、当面は自分自身がエントリーしようと思っている外貨の上下の動きをじっくりと見る事が必要です。仮に円安になるだろうという台本を書いたのであれば、ドル円の変動に用心しておきます。マーケットの上げ下げをチェックし始めた状況では、該当の外貨は目立って変化する素振りを見せることはなく上がったり下がったりちょっとした上下動を繰り返しているだけでしょう。でも、その上げ下げをちゃんとチェックしていると、あるところでじわじわと、ドル高の方向へと為替相場が変化し始めます。この場面でいよいよ、ドル円の新規取引します。基本的に、そこまで念入りに計画をしておけばその売買で勝利する可能性はかなり高くなるはずです。