自動車重量税、略して重量税という税金は国内メーカーの自動車もしくはイタリア車等愛車の生産国やプラグインハイブリッド車、ステーションワゴン等自動車の形に例外なく例えば、トヨタや等でも一般的に納めることが必要なものなんです。新車を登録する際あるいは定期的にある車検を受けるさいに納付する税金になります。この額はそれぞれのクルマのウエート毎に決められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べるとまったく違うものなので、基礎となる税金を理解して混同しないようにする必要があります。「自動車重量税は車の車重により」「自動車税とはクルマのリッター数により」その税額が異なります。また、買取する場合の扱いも異なってきますし、注意しましょう。中古車を売却する際には支払った額がどれだけ残っていた場合でも、その額が還付されるということはないのです。一方、自動車税の時は、既に納めた税金を売却額に上乗せしてくれるような場合がありますが重量税の時は上乗せになるようなケースは全然ないのが現状です。重量税はどれだけ既に納付した額が残存しているとはいえ中古車の買取業者の方でそれが配慮されるケースは少ないです。ですから次回の支払い、要は次回の車検まで売却を保留し買い取りを依頼するという手法がベターでしょう。自動車引き取りの際は還付の対象にならないのが重量税ですが、特別な場合だと還付されることがあります。この事例というのは、車検期間が残っている愛車を廃車処理する場合です。要するに、廃車申請をした際に残存期間に応じて額が返ってきます。ですが、車引き取りの際はそのクルマが廃車されるのとは異なり返ってきません。それに、売却する自動車の名義変更をしてしまった際や盗難にあった場合も還付してもらうことはできません。重量税が残っている愛車を手放すというのは要は車検がまだあるクルマということです。その辺りを店側も配慮しますので、自動車重量税の期間が残っていれば、少しは買取金額は上乗せされることでしょう。当然売却額は店によりまちまちなのですが車検の効力が残っていることを考慮していただければ、愛車の売却額からみるとあまり払い損と考えることもありません。