間接的カードの手順はたやすいです。クレジットカードを使って直接購入できない品物を直で購入するという手段ではなく遠まわしに使ってした方が得策です。理屈が簡素という理由で先にギフト券の実例を利用して表現してみたいと考えます。とある個人が一流のカバンを持ちたいとそれを見つめているようです。欲しがっている有名な銘柄の服を扱っている場所では買いたくてもクレジットで支払う事が許されていません。一方VISA、NICOSなどの金券を利用すれば支払う事を認めてくれるといいます。そこである女性はクレジットカードで商品カードを買い付けして金券販売店におもむきクレジットカードを用いてAmerican Express、Diners clubなどの券を買い付けしてみました。次いで利用したカードを活用して買ったJCB、Diners clubなどのギフト券を売店に持って向かい求めていた価値のあるアクセサリーを買い付けたとします。「一体なぜ金券でそれを購入した人はそのような面倒くさい手続きをしなければいけないの?」と考える可能性があるかもしれませんが、その実解説した方法を使用することで普通では貯まる事はないクレジットカードポイントが獲得できます。普通に、お金を使って有名なコートを買い取りしたりした時はカードローンポイントはゲットできませんしVISA、MasterCard、Diners clubなどの金券を直接お金で買い取りした後駆使してもクレジットポイントはゲットできません。しかしながらこの状況の時であるならVISA、MasterCard、NICOSなどのギフトカードをクレジットカードで買ったという根拠で、有名な銘柄のバックを買い取りした分とつりあう量のクレジットカードポイントが得られるようになるのです。これが直接でないようにカードローンを利用した事になっているという理由で、間接的クレジットカードと呼ばれる手順です。