自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険と呼び略すと自賠責保険と言う保険になります。自賠責保険は強制保険と呼ばれクルマを車検に通す場合は、決まっている期間内に効力のある自賠責保険に入っている必要があります。言い換えればすべての車が加入していなくてはならない保険ということです。それでは車が自賠責保険に入ったまま売ったケースではどうでしょうか。強制保険は車検の際に更新になる場合が多数あるものですがもし強制保険(自賠責保険)に入っているクルマを売却したケースでは、その金額が返還されるということは全然ないでしょう。なぜなら自賠責保険をいったんなくして、所有者にシフトする作業はやや面倒くさいのです。そのため強制保険は名義変更をしてクルマと一緒に移すのが基本です。しかしながらそれと同じだけの価格を買取額に乗っけてくれるものです。強制保険(自賠責保険)は自動車税と違い、既に納めた保険額を月々で割り算した金額が戻ってくるやり方ではなく見積額に足すという手段がとられることが基本なのですが、こういったことが見積表に掲載される場合は珍しいです。ですので、車買取の際には強制保険(自賠責保険)の額が売却額に反映されているかをチェックするようにしましょう。自分が納めた保険料がどの程度の額かをわかっていれば間違いはないです。その自賠責保険にかかる金額については、期間によって違ってくるものなので注意しましょう。クルマの処分や廃車の時には自賠責保険の名義を変更する必要があります。仮にこの作業をせずに放っておいたら、保険会社からあなた宛てに保険の満期の知らせが来ることになります。あなたの自動車がほんの少しでも損をせずに手放すことができることを応援させて頂きますね。